BtoC(Business to Consumer)企業が一般消費者に向けて商品やサービスを提供する取引だけではなく、最近では、BtoB(Business to Business)企業が企業に向けて商品やサービスを提供する取引でも多くの誇大広告を見かけます。

虚偽・誇大広告の表示をした販売業者は100万円以下の罰金や業務停止命令の対象となります(15条,72条3号)。

一般社団法人日本オンライン協会では、皆様がオンライン上でも安心して取引できるよう詐欺や誇大広告の撲滅にも力を入れております。

悪質なオンライン事業者は、確認後あらゆる行政機関に通報いたします。また当会員には取引をしないよう注意喚起を促します。

新たな被害者を増やさないよう、お気軽にご連絡ください。

TOP